勉強の内容とは

これまで、会計士の仕事内容と専門学校について見て来ました。それでは、肝心の勉強内容はどの様になっているのでしょうか。

専門学校で資格取得をするために、専門的な勉強を学ぶ事が出来ます。そして、授業で実力をつけ、計士の試験を受け、合格する事で会計士になる事が出来ます。それでは、具体的にどのような学習を行うのか、詳しく解説します。

女子まず、公認会計士の試験は年に一回あり、短答式の試験と論文の試験があります。専門学校では、これらに受かる事を目的に、それぞれ集中した講義が行われます。短答式試験は筆記の試験で、財務会計論や監査論、企業法、管理会計論等、主に会計に関わる講義が行われます。

一方、論文の授業内容としては、租税法、経営学等、論文合格に必要な知識を学ぶ事が可能です

授業形態としてはクラス授業で毎日行い、確実に実力を身に付けて行ける編成になっています。通学の場合は、疑問も直ぐに聞けその場で解決出来るので、、着実に力を付けるのには、うってつけではないでしょうか。

通学が難しいという方は、通信で勉強出来るコースもあり、その場合はテキストとDVDを観ながら、勉強するという形になります。レポート等で学習成果を確認し、疑問なども質問する事も出来たりと、充実のフォロー体制になっているので、一人でも安心です。