会計士として働く為には

これまでは、公認会計士はどのような資格なのか、また専門学校で学び資格を取得する方法を解説しました。ここからは、学校で学んだ知識や資格を実際の仕事に活かして行くにはどのようにすれば良いのかに注目して、詳しく見て行きます。

講座専門学校で知識を深め資格を取得した後は、実際の仕事に就く為の就職活動を行う事になります。専門学校では、就職のサポートも行っているので、それらを活用して仕事を見つける事が出来ます。監査法人の説明会を行っていたり、セミナーの様に情報を知らせてくれる場があったりと情報提供の場が多くあります。また、面接対策や履歴書の書き方等、直ぐに就職に結びつくアドバイスも行っていたりと、飛躍の道が開ける様に、きちんとしたバックアップ体制を整えてくれるというのも、専門学校ならではではないでしょうか

その他に、専門学校に通うメリットとしては、その道で活躍されている先生から、公認会計士としてどのような仕事をなさっているのか等、現場の声を直接聞けるというのも、魅力としてあげられます。また、学校の友人からも刺激を受けられるというのもあります。そういう雰囲気を体験出来るのもモチベーションアップに繋がり、夢の実現を後押ししてくれる様に思います。